中古車・バイクの買取

知らなきゃ損!中古車を高く売る4つのコツ

「自分の車もそろそろ買い替えどきかな」と思っている方いませんか?

そうは言うものの、長年使ってきた自分の愛用車を手放すのは勇気がいることですよね。

できれば少しでも高く売りたい気持ちになると思います。

そこで、今回は中古車を少しでも高く売りたい方のために「中古車を高く売ってもらうための4つのコツ」を紹介します。

この記事を読んでいただければ、あなたの車を少しでも高く売ることができるようになります。

ぜひ参考にしてみてください。

①時期を狙って高く売る

中古車を少しでも高く売る1つ目のコツは「時期を狙って買取査定に出してみること」です。

一般的に中古車の高価買取査定が望める時期は「1~3月」と「9~10月」の時期です。

この2つの時期はそれぞれ中古車販売店の決算期(1月~3月)と半期決算(9月~10月)を控えています。

中古車販売店の思考として売上目標の達成のため、多少高くても買い取ってくれるという傾向があります。
またお客様側サイドからしても、この2つの時期は「転職や転勤に伴う新生活の開始」で、新車・中古車を問わず車の購入が増える時期です。車を少しでも高く売りたい方は是非、1~3月」と「9~10月」の2つの時期を狙って車を売りましょう。

②なるべく車に傷やヘコミをつけないこと

車を少しでも高く売る2つ目のコツは「車に傷やヘコミをつけないこと」です。

当たり前のことを言っているように感じる方もいるかもしれませんが、車を高く売るためには大切なポイントです。

買取査定をする営業マンの気持ちになってみてください。

車に傷やへこみがある車に高いお金を払って買取したいでしょうか?

買取したくはありませんよね。

ですので、車を売りたいとお考えの方は、いつもよりも大切に運転するようにしましょう。

50万円の買取査定ができる車であるのに、傷やへこみ一つで20万~30万円に減る可能性もあるのです。

気をつけて運転しましょう。

③希望下取り価格を必ず持つ

    車を少しでも高く売る3つ目のコツは、「希望下取り価格を必ず持つ」ことです。

これは自分の愛車を高く売るために1番大切なポイントになります。自分の希望下取り価格を決めておかなければ、営業マンの思うツボです。中古車販売店は、自分たちの利益を考えて査定を行います。

20万円で買い取った車を50万円で売ることは当たり前の世界なのです。
ですので、下取り価格は、「相手の言った額で、ただ満足するものではなく、「自分は◯◯万円以上じゃないと売らない!」と言う気持ちを持っておきましょう。

あまりにも無理な希望は、買取業者の営業マンに逆効果になりますが、中古車販売店で売られている、自分の車と同じ中古車の価格を見て判断することをオススします。

④買取査定前には車をきれいにしておく

自分の車を少しでも高く売る4つ目のコツは「買取査定前には車をきれいにしておく」ことです。これは車を査定してもらう前のマナーとも言えることです。

車の外装、内装が汚い車に高価買取査定はつけたくはないですよね。
タバコのシミやほこりだらけの車なら、なおさらのことです。

車を清潔な状態にしておくことで、買取業者からしても「この人は車を大切にしてきたんだな」と感じます。車を少しでも高く売るための小さな努力をやってみましょう。

まとめ

今回は「中古車を少しでも高く売る4つのコツ」を紹介してきました。

皆さんの感想はいかがだったでしょうか?

この記事の内容をまとめてみると以下になります。

  1. 時期を狙って高く売る
  2. なるべく車に傷やヘコミをつけないこと
  3. 希望下取り価格を必ず持つ
  4. 買取査定前には車をきれいにしておく

あなたの愛車を少しでも高く売るためには上記の4つのコツが必要です。

中古車はすべての車が新車と同じような買取査定が希望できるものではありません。

車の走行距離や年式、グレードによっても価格が全く違います。

高価買取査定を望む方ができることは小さな努力の積み重ねしかできません。

この小さなことをおろそかにしては、車を高く売ることはできないのです。

次の車の足しにするためや、貯金のためにもこの記事で紹介した4つのコツを試してみませんか?

誰もができる簡単なポイントになっていますよ。