本・CD・DVDの買取

本やCD・DVDを少しでも高く売る4つの方法

現在、本やCD・DVDをデジタルでパソコン内で楽しむ人が多いため、いらなくなった本やCD・DVDを売る人が増えています。

どうせだったら1円でも高く売りたいのが本音。

そこで今回は、本やCD・DVDを高く売るコツを4つご紹介します。

①買取相場を把握する

「一見価値がないようなアイテムでもマニアの間では高値で買取されている」

このようなケースはよくあることです。

売る側に買取の知識がなかった場合は、安く買い取られてしまいます。

そのような目に遭わないように、世間の買取価格をリサーチしましょう。

  • オークションサイトやアプリでチェック

売りたいアイテムの買取相場はヤフオクやメルカリなどを使えば見えてきます。

大体の買取相場をチェックできたら、買取店舗に持って行きましょう。

もし、そこで買取相場よりも低い値段を付けられた場合は、値段交渉です。

どうしても査定額が上がらない場合は、ネット販売した方が良いかもしれません。

②複数の店舗で比較する

買取価格は鑑定士の主観が入るため、買取店舗によって値段が変わります。

必ず複数の店舗で比較して、一番高いお店で売るようにしてください。

  • 郵送査定や出張査定も利用しよう

近辺に複数の買取店舗がない場合は、郵送査定や出張査定も利用してください。

幅広いエリアで査定ができます。

  • 得意にしているジャンルによっても査定額は変わる

参考書を得意にしている買取店舗もあれば、漫画を得意にしている買取店舗もあります。

買取店舗によって得意ジャンルは違い、買取価格は変わるのです。

できるだけ専門的に買い取ってくれるお店を選んで比較査定しましょう。

③割れているケースは交換する

売りに出したいCDやDVDのケースが割れている場合は、新しいケースと交換してから査定に出してください。

査定は第一印象が大事なので、割れたまま査定に出すと買取価格が低くなります。

  • 新しいケースは100円ショップで購入

CDやDVDのケースは100円ショップで売っています。

1枚100円ではなく、数枚で100円なので高い買い物ではありません。

ケチらずに出費してください。

④出来る限り掃除する

まずは第一印象が大事なので、掃除も重要です。

新品に近づけば近づくほど買取価格は上がります。

柔らかい布を使ってホコリや汚れを取り除きましょう。

  • シールの跡の取り方

値札シールが貼ってある商品は買取価格が下がる傾向にあるので、剥がしておきましょう。

綺麗に剥がれなかった場合は、市販で売られているシールはがしを使えばOKです。

  • 経年劣化する前に売る

査定に出す前に掃除することは大事なのですが、面倒な作業であることは否定できません。

この手間をなくしたいのであれば、経年劣化する前に売ることをおすすめします。

紫外線や蛍光灯の光で変色するので、保管方法にも気を配ってください。

以上が本やCD・DVDを少しでも高く売る4つの方法でした。

ぜひ参考にしてみてください。