古着・着物買取

大切な着物を高く売りたい!買取の前に知っておくべきポイント

着物は長い歴史の中で受け継がれてきた日本の伝統衣装です。
近年、日本文化や日本食の人気の高まりとともに、着物に憧れる外国人が多くなっています。

国内でも日本らしさを大切にしたおしゃれとして、古い着物をリメイクして楽しむ人も増えています。

外国人観光客が増加し、着物の需要高まっている今こそ、着物買取のチャンスです。

家に眠ったままの着物をお持ちの方は、このチャンスを生かして、あなたの着物を必要とし大切にしてくれる人の元へ届けましょう。

着物の買取相場

まずは、着物の買取相場を見ていきましょう。

・留袖…色留袖:4,000円~12,000円、 黒留袖:5,000円~13,000円
・振袖……10,000円~45,000円
・訪問着……10,000円~45,000円
・付け下げ……3,000円~12,000円
・小紋……1,000円~9,000円
・袋帯……1,000円~8,000円
・名古屋帯……1,000円~6,000円

代表的な着物の買取相場となりますが、着物にはまだまだ多くの種類があります。

例えば「産地物(伝統工芸品)」「有名作家物」の着物であると、着物の価値も上がり、高い買取価格が期待できます。

買取価格は着物の状態によって変わりますので、目安として参考にしてください。

着物買取の方法は3つ

着物を売りたいと思っても、買取店までの距離、時間の都合、かかる手間などを考えると、なかなか予定が立たない方もいらっしゃると思います。

着物買取の3つの方法をご紹介しますので、自分に合った買取方法を選んでみてください。

店頭買取
お近くの買取店に着物を持っていき、査定をしてもらいます。「査定員を家に入れたくない」というような方におすすめです。
査定を目の前で見ることができ、1点1点詳しい説明も聞けます。査定金額に納得ができたら、即現金で支払いしてもらえます。

出張買取
電話かメールで査定の予約をします。売りたい着物の枚数が多い方は、運ぶ手間がないのでおすすめです。

店頭と同じく査定を目の前で見ることができ、1点1点詳しい説明も聞けます。

査定金額に納得できたら即現金で支払いしてもらえますが、納得できなかった場合は、わざわざ自宅まで来てもらったのに断りにくいかもしれません。

宅配買取
段ボールに入れて送るだけで査定してもらえます。着物を送る手間はかかりますが好きな時間に送れます。

お店に行かなくてよいので、「あまり人と話したくない」というような方におすすめです。

査定金額に納得できなかった場合、返送料は負担しなければならないお店が多いので注意してください。

着物を少しでも高く買い取ってもらうポイント

着物を少しでも高く買い取ってもらうために、知っておいてほしいポイントがいくつかあります。

①着物はできるだけきれいな状態に
着物に目立つ汚れやシミがあると、マイナス査定につながります。乾いた布で着物の表面のホコリを落としたり、綿棒で取れる汚れは取っておくとよいでしょう。

防虫剤などの匂いも、陰干しをするだけでもだいぶ解消されます。少しでも印象が良くなるよう、着物はできるだけきれいな状態にしておきましょう。

②証紙・落款(らっかん)を確認
産地物(伝統工芸品)の着物であれば「証紙」、作家物の着物であれば「落款」が付いています。産地や作家を証明するもので、査定員がまずチェックをします。

買取価格に影響する重要なものなので、必ず確認しましょう。

③着物専門の買取業者をいくつか選び、査定額を比較
着物をできるだけ高価買取してもらうためには、いくつかの着物専門店に依頼しましょう。

着物のプロである査定員は、大切な着物の価値を見落とすことなく、適切に評価してくれます。

面倒でも1つではなく複数の着物買取店に査定を依頼し、1番高い値を付けてくれるお店を選ぶことが後悔をせず着物を売ることに繋がります。